« ご近所の薔薇と夕焼け | トップページ | オープンガーデンに・・・ »

2014年5月 9日 (金)

イングリッシュガーデンは今・・

452

今朝の空は、ちょっと疲れ気味の体には優しくてちょうどいい。

526

昨日は日差しも強くないかな・・と思い

近くのイングリッシュ
ガーデンに行ってみました。

Img_2226

満開ならばアーチの白いバラが迎えてくれるのですが

ちょっと早かったみたいです。

Img_2180

それでも池の周りや散歩道には色とりどりの花が。

Img_2178

Img_2202

何かの本では私の誕生花がアザミだとか。

花言葉が気になる・・
confident

Img_2211

向こうの階段ではオットットさんが休憩中。

あそこでお弁当も食べたんですよ。

風がとても心地よくて・・・

Img_2215

シャクナゲが鮮やか

Img_2212

こういう小道がたくさんあって、好奇心がむくむくと・・・

Img_2191

もちろんバラも咲いてはいます。

Img_2189

Img_2220

気がつけば、ほとんどカメラに納めていませんでした
coldsweats01

Img_2217

Img_2223_2

毎年来ていますが、ちょうど見ごろの時に出会うのは
けっこう難しい。

お手入れなさってたおじさんの話では、

あと1週間くらいかな・・・ということでした~

|

« ご近所の薔薇と夕焼け | トップページ | オープンガーデンに・・・ »

コメント

tulip LEOKUN様
ずっと以前からご存じなんですね。
私も友達に教えていただいてから毎年行ってますが、英国人の方にはお目にかかったことありません。
いつもおじさんがお掃除してくださってるのには出会いますが。
奥の方は寂しいですよね。
朝早かったり夕方だったりの時は、人がいなくて怖いくらいです。
最近はバラの時以外はなかなか足が向きませんcoldsweats01
LEOKUNさんも早くブログ開設してくださいね~
お待ちしています。

投稿: Happyばあば | 2014年5月15日 (木) 21時10分

Happyさん
ミレニアムの頃、私は犬の散歩中に英国人の
ガーデナーさんが庭作りに勤しんでいる姿を
何度もお見かけしました。
林床に花苗を植え付けたり、堆肥を施して
いる寡黙な姿には、いかにも英国のサイレン
ト・ガーデナーという雰囲気が漂っていまし
たよ。
(その頃は、施錠されてなく、散歩で勝手に
入っていました。)

寂しすぎると言えば、森の中の一番奥まった
所、高さ2mのイヌツゲ(?)の生垣のサークルで
完全に閉ざされた空き地(直径8mほど)に、
等身大の白いパーンの石像が立っています。

一人きりでパーンと対峙すると、私は長身では
ないので、見下ろされてしまい、ちょっと
ぞくっとします。そこはまさに、『パンズラビ
リンス』の世界です。

ミモザ(ギンヨウアカシア)は、とても生長が
早い分、風折れしやすいので、管理上伐採した
のかもしれませんね。

我が家は、以前ここでミモザを見かけて、
気に入り、高さ2mの苗を庭に2本植え付け
ました。10年間で幹径が20cmを超え、1本は
台風で大枝がバキッと折れたりしました。

放任しておくと、縦横ともすごいボリュームに
なるので、毎年花後に樹に登り、枝を全部
ばっさり剪定・処分しなければいけません。
これが4月の庭仕事と重なり重労働です。
とうとう根負けして、5年前に庭をリフォーム
した際、可哀相でしたが伐採しました。

ここのイングリッシュガーデンは広大な庭と
森なので、さぞかし管理の労力・資金が大変
だろうなと、他人事ながら案じていますが、
これからも憩いの場であってほしいですね。

以前は入園制限が無かったのですが、悲しむ
べきことに、散歩犬の「落とし物」や草花の
「行方不明」、森でのセキュリティなどを
考慮されて施錠することになったのでは、と
推察します。

コメント、随分長くなり、スペースを占有
してしまいました。早く自分のブログで書か
ないといけないですね。失礼いたしました。

投稿: LEOKUN | 2014年5月15日 (木) 17時37分

tulip LEOKUN様
イングリッシュガーデン行ってこられましたか?
以前は英国の方がお世話なさってたのですか?
バラの花の時期は本当にきれいですよね。
私も中の方にまで歩いてみていますが、花数がだんだん少なくなってきているように感じています。
最初に行ったときは花の写真がもっとあったような記憶が・・
バラのアーチをくぐってからちょっとして右の方に下りていく途中に大きなミモザの木があったのですが、それも数年前バッサリ切られたのかなくなっていました。
お手入れはさぞ大変だと思いますが、散歩コースとしては結構歩くのでいいところだと思います。
バラの季節以外は寂しすぎて敬遠してますけどねcoldsweats01

投稿: Happyばあば | 2014年5月15日 (木) 13時36分

Happyさん、こんにちは。
イングリッシュガーデンの記事を拝見して、私も
週末にゲートをくぐってみました。
朝の散歩では、週に3日ほどゲート前を通って
いるのですが、入るのは本当に久し振りでした。

好天の週末ということで、ゲート付近や池を巡る木道
を多くの人が散策されていました。

私はかってよく訪れた森の方向に足を向けました。
そこは一昔前には英国貴族の庭園のような雰囲気が
感じられ、私のお気に入りの場所でした。
その頃は英国人のガーデナーが管理していて、
庭つくりの最盛期だったと思います。

当時の画像(1999、2000年の4~6月)には、
落葉樹林の縁にダッフォディルとブルビネラの群落、
可憐なツルハナシノブ、ヘリオトロープの芳香。
ムスカリ、チューリップ、ノースポール、ビオラや
シロタエギクのボーダー。

ゆるくカーブした小道と綺麗にエッジングされた芝生に
囲まれた泉水の脇にはキャットミントやガウラ。
レンガの回遊庭園にはラミウム、寒咲きカレンデュラ。

明るい落葉樹林の中はプリムラの群落に、エリカや
ツルニチニチソウ、アジュガが点在。ヘメロカリス
のボーダー。
池畔の芝の中にハナニラが散らばり、小川の岸辺には
アスチルベ。
池を巡る道沿いに宿根バーベナ、バラ、アカンサス。
そして池には睡蓮、などが写っていました。

今はゲート付近のバラがよく管理されていました。
でも、落葉樹林の中のイングリッシュガーデンは
昔日の面影は薄れて、時の流れを感じました。

投稿: LEOKUN | 2014年5月15日 (木) 12時03分

tulip tearose様
毎年行っていますが、静かないいところなので
ゆっくりするには贅沢な場所ですね。
ともっちさんも来られてたのですか?
女性のグループは何組もいらっしゃいましたから
知らずにすれ違ってたかもしれませんね。
ここはおじさんがお掃除などされてますけど、
お花はその方かどうかわかりません。
ちょっと手が行き届いてないナところは随所にありますcoldsweats01
バラの時期じゃない時は特にそう思います・・happy01
でもこれだけ広くて気持ちのいいところはめったにありませんので、お散歩がてらちょくちょく行ってます。
tearoseさん宅のオープンガーデン、お天気になりそうで良かったですね。

投稿: Happyばあば | 2014年5月10日 (土) 05時42分

ともっちさんも木曜日あたりに行くと言ってましたが
まだ少しバラには早かったのですね
今年は春に気温が低かったせいか少し花が遅い気がします。
我が家もいつものオープンガーデンでは咲いている
フェンスのバラが今年はまだです。

このイングリッシュガーデンは本格的で素敵ですね
ただ数年前行った時は初めの頃に比べるとメンテナンスが少ない気がしました。
今年はどうでしたか?

投稿: tearose | 2014年5月10日 (土) 00時00分

tulip hiro様
バラも色とりどり咲いていましたが、一番きれいになるのはあと1週間ということらしいです。
グッドタイミングにはなかなか・・・coldsweats02
でもこの空間でゆっくりでき、癒されましたよ。
いい香りもしますしね~
お世話が大変だろうな・・といつも思います。
自転車で行けるんですから幸せなことですね。

投稿: Happyばあば | 2014年5月 9日 (金) 17時02分

Happyさん、おはようございます♪
近くにこんな素敵なイングリッシュガーデンがあって良いですね。
バラは咲き始めのようですが、とても綺麗です。
スミレやカキツバタも可愛いですね。
アザミは今年初めて見ましたが、1Happyさんの誕生花
なのですね。
私の誕生花も気になり、調べてみると4つもありました。
一つ位育ててみたいな~と思いました。
池やお花を見ながら食べたお弁当、美味しかったでしょうね。

投稿: hiro | 2014年5月 9日 (金) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご近所の薔薇と夕焼け | トップページ | オープンガーデンに・・・ »