« 6月に入りました。 | トップページ | 太宰府の蕎麦の花と菩提樹の花そして・・ »

2013年6月 5日 (水)

朝一番、菖蒲を見に太宰府へ・・・

448

4時48分。オットットさんが出かけてひと息つく間もなくカメラを持ちます。

不思議な色合いの空・・・

500

10分もするとだいぶ明るくなってきます。

510

燃えてるような空ですね~

太宰府の菖蒲が見頃という情報を得て、ぜひ行ってみたくて

オットットさんに声かけしたんですが「ひとりでいってらっしゃ~い」というお返事。

それならば朝一番に行こうと自転車飛ばして行ってきました。

Photo

7時過ぎには到着。さすがに静かです~

でも先客が3~4人。(カメラ持ったおじさま方・・・)

Photo_2

今年はとてもいい時に見ることが出来ました。

Photo_3

Photo_4

どんどんUPします

Photo_6

案内によれば55種。3万本咲くとの事。

ひとつひとつ名札がついています。

Photo_7

お日さまが水面に映って・・・

8

アジサイもたくさん咲いていました。

Photo_9

Photo_10

Photo_11

そろそろお散歩の人も増えて来ました。

本殿に行ってお参りすることに・・・

まったく人がいない境内は初めてです。じっくりお願いも聞いていただけそう・・・

Photo_12 

お正月に続きまたおみくじ。

今度は小吉でした。

ゆっくり待てば何事も良くなっていくようです。

牛さんのように一歩づつですね。

|

« 6月に入りました。 | トップページ | 太宰府の蕎麦の花と菩提樹の花そして・・ »

コメント

しゅわっち様
観世音寺から歩くのはけっこう大変ですよね
でも見頃の菖蒲に出会えてよかったですね。
私もあんなに咲き揃ってるのは初めてでした。
昨日は観世音寺までオットットさんと出かけましたよ。
戒壇院できれいな青梅をいただいて帰ってきました
太宰府はお散歩する所がたくさんあっていいですね~

投稿: Happyばあば | 2013年6月 7日 (金) 05時06分

偶然ですね~♪私もこの日、菖蒲を見に行きました!
 
まさに見頃って時に行けたのは 私も初めてです。
観世音寺から「歩け!歩け!」と自分を励まして、太宰府小学校の裏手の坂道を登り、天満宮幼稚園の横の社務所側から入って、お参りして、菖蒲池へ~。
久しぶりの運動で 池に着いた頃は、もうクタクタでしたぁ(@_@;)

だからでしょうか?菖蒲の美しさが、目に染みましたわ~!

投稿: しゅわっち | 2013年6月 6日 (木) 21時05分

oshibanayoshimi様
写真をとりながらこの句碑が気になって菖蒲と一緒に写しました。
池ですから水は濁ってはいますけど、ちゃんと花は水に映ってます
この句の意味はどういう事かな~・・と思いながら撮ってたんですよ。
俳句の素養がないものですから・・おはずかしい

投稿: Happyばあば | 2013年6月 6日 (木) 17時09分

ワーッ!!
年尾先生の句碑が見えます。
「紫は水に映らず花菖蒲」ですね!!!
年尾先生は、高浜虚子の息子さんです。

投稿: oshibanayoshimi | 2013年6月 6日 (木) 16時15分

nora様
花の写真を撮るなら早朝が一番よと、
バラ好きの方に教わったので、早朝から頑張ってきました。
自転車で行くというと他の方からは・・とか・・とか
いろんな顔されますけど、20分ちょっとなので気楽に走ってます。
身近にいい所があるのは幸せなことですね。

投稿: Happyばあば | 2013年6月 6日 (木) 13時10分

ぐ~様
ちょうど見ごろでしたよ~
そちらに比べれば少し寂しい気もしますが、
今までちょっと早かったり遅かったりだったので満足です
そうなんです、どこでも観光地ではバズーカ砲が並びますね。
お邪魔してはいけないのでレンズがどっち向いてるかチェックしながら、ちょこまか動いています。

投稿: Happyばあば | 2013年6月 6日 (木) 13時04分

早朝の菖蒲と紫陽花きれいですね~

空気の清々しさが伝わってくるようです。

自転車とばして大宰府に行けるなんて、

なんて素敵な環境でしょう(^^)

投稿: nora | 2013年6月 6日 (木) 08時51分

花菖蒲は、やっぱり朝早いのがいいですね。
ちょうど見頃でよかったです。
水の中に咲く花菖蒲は風情があります。
人もいなくて、ゆっくり見られてよかった。
どこのお花も、バズーカ砲のようなカメラ持ったおじ様たちがいますね^^;

投稿: ぐ~ | 2013年6月 6日 (木) 07時31分

この記事へのコメントは終了しました。

« 6月に入りました。 | トップページ | 太宰府の蕎麦の花と菩提樹の花そして・・ »