« また二人の生活に・・・ | トップページ | 秋を探して太宰府散策 »

2012年9月10日 (月)

映画「最強の二人」を見て・・

昨日(9/9)重陽の節句の朝、きれいな朝焼けでした。

540

5時40分、まわりはまだ真っ暗ですが、赤く染まり始めた一角はとてもきれいです。

606

山の向こうにはお日さまの気配・・・

Img_9882

ほんの少し南に目を向けると、こんな感じ。

淡い色合いのこんな空が実は好きなんです~

パソコンをしている所からふり返って窓を見るとこんな感じです。

Photo_2

「あ、今」と思ったらカメラを持って窓辺へ~・・こんな風にして毎日撮っています。

今日(9/10)はいきなりの雨に降られ、出先きから濡れながら帰る羽目になったの

ですが、そのおかげか気温は上がらず涼しい1日を過ごせました。

出先きと言うのは近くのモール。

映画「最強の二人」を見に行ってきたのです。

Photo率直な感想は・・・

「とってもいい映画heart04 」ということです。

実話にもとずく映画なのですが

大富豪の男性がパラグライダーの事故で

首から下の自由が効かなくなり

車いすの生活。

介護をしてくれる人を募集しているという事で

面接を受けにきた青年。

他の人と違うのは、介護の経験全くなし。

失業保険をもらうために仕方なく面接のみを

受けにきたというもの。

不採用にしてほしいのに、なんだか気に入られ、採用になってしまう。

と言うのも、他の人と違って彼は男性に対する同情心や労わりの気持ちを

まったく持ち合わせていない。

そこが男性にとって居心地良かったのかも。

仕事としてマニュアル通りに介護されることに息苦しさを感じてたのでしょう。

青年はスラム育ちで、前科もあるのだが、優しい気持ちは持っている。

ハチャメチャなことを繰り返し、どうなる事かとハラハラドキドキ。

周りもだんだんその小さな嵐に巻き込まれていくが、それでもみんな居心地悪く

なさそうなのが手にとるようにわかる。

おかしくて笑っているのに、なんだか涙がとまらない・・・

そんな映画です。お薦めですよ~notes

せっかくいい映画を観たのに、出てみるとすんごい雨rainrain

オットットさんが夕方からしか雨にならない!!と自信ありげに言ってくれたので

自転車で出かけたのですが・・・トホホです。

しばらくお店を廻って時間つぶしてましたが止みそうになく

しかたなく傘を買って、それでもびしょぬれで帰りました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

9/8の夕飯

0908

   カレイの煮つけ

   ナスの揚げびたし

   小松菜の煮物

9/9の夕飯

0909

   サンマの塩焼き

   ゴーヤとゴボウの天ぷら

   味噌汁

   サラダ

9/10の夕飯

0910

   牛肉とピーマン、シメジの炒めもの

   豚まん(長崎、桃多呂のお土産)

   冷ややっこ

|

« また二人の生活に・・・ | トップページ | 秋を探して太宰府散策 »

コメント

moon3 アガパンサス様
同じイオンならやってると思っていましたが、
そうとは限らないのですね。
私もここでしているものしかほとんど見に行きません。
たま~にKBCシネマに出かけるくらいです。
次に見たいのも、もう決まってるんですよhappy01
DVD借りてもいいのですが、やっぱり劇場に行ってしまいます。

投稿: Happyばあば | 2012年9月13日 (木) 15時18分

こんにちは~
この映画、観たいのですが
いつも行く所では上映されていません。
そちらのモールではあるんですねmovie
「あなたへ」もまだ行きそびれています。
いつもこちらへお邪魔して映画刺激受けていますが
行きそびれてばかりです~coldsweats01
 

投稿: アガパンサス | 2012年9月13日 (木) 14時57分

moon3 hiro様
お薦めですよ~
お時間があればぜひご覧になってくださいね。
このお二人はそれぞれに幸せをつかんで
今でも交流があるそうですよ。

サンマが美味しい季節になりましたね。
わが家では半分で十分といいますのでいつも半分こ。
私がシッポですhappy01

投稿: Happyばあば | 2012年9月13日 (木) 06時46分

Happyさん、こんばんは~♪
そうですか。
そんなにいい映画なら見てみたいです。
笑って泣いて、自分の心も軽くなりそうですね。

さんまが美味しそうですね。
今日我が家もさんまでした。

投稿: hiro | 2012年9月12日 (水) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また二人の生活に・・・ | トップページ | 秋を探して太宰府散策 »