« 素敵なコンサートと流れ星☆~ | トップページ | 記憶にございません・・・ »

2011年12月17日 (土)

年の瀬だというのに・・・

昨日はこちらも雪になった所があったようです。

オットットさんの仕事場である山にも案の定降ったとか・・・

648

昨日の空です。

こんな雲が広がった6時半過ぎ・・・

725

7時半ごろの空

日は出ましたが・・・

757

遠くの山をみていると、雪だろうな~と思われる雲があちこちに。

822

1日中冷たくて、珍しくストーブも点けっぱなしでしたが、なかなか温度は上がりません。

それでも去年よりは初雪も遅いようです。

ブログを見返していると、去年の16日(まさに昨日!)雪に覆われた景色をUPしていました。

それにクリスマスを過ぎて、「相棒』と「最後の忠臣蔵」と言う映画2本も見ていたようです。

のん気でしたね~

今年はもう映画を見る予定はないですが、あと2週間と言うのに気持ちが付いていかず

年賀状の準備も出来ていませんし、おせちも気が乗りません。

今年起こった様々なことが澱(おり)となって心の底にどんよりとたまっているみたいです。

昨日の夕方のNHKニュースを見ていると、松崎しげるさんがカメラ片手に旅をされて

いました。

震災の被害を受けた気仙沼。

そこには父親を失った兄弟がプレハブで造ったお店でいち早く酒屋を再開されてたり

壊滅状態の海で牡蠣やほたての養殖を再開されたご家族がいらっしゃったり・・・

皆さんご家族の何人かを失ってるにもかかわらず、とても明るく力強い毎日を送って

いらっしゃいます。

先日見たプロフェッショナル「仕事の流儀」で放送されてた牡蠣の養殖をなさってる

畠山さんという方の事を思い出しました。

何もかも失ってゼロどころかマイナスからの出発なのにみなさんどうしてこんなに

力が出てくるのでしょう。

チリ地震津波やその後の赤潮などなんどもダメになった海をどうやって再生し

守って来られたか。

畠山さんは「海を守るために、森を守る」と本業の傍ら黙々と2万本もの木を植え続け

森を守り、海に栄養を送り続けておられるのです。

今回の震災後もすでに動き始め、美味しい牡蠣を生み出しておられます。

自然に立ち向かうのではなく、海を信じて受け入れる・・とおっしゃった言葉が重かったです。

今年の漢字は「」に決まりましたね。

人と人とのつながり・・・実際気仙沼の海にも数えきれないくらいのボランティアさんが訪れ

再生に向けての力強い手を差し伸べていらっしゃったのには驚きました。

日々為すべきことをこなしているだけの私など、何の力にもなっていません。

気持ちは寄せていても実際には何も出来ていない・・・

そういうことも「澱」になっているのかもしれません。

気が晴れない年の瀬です。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

12/15の夕飯

1215

   ヤズ(ぶりの子供)のお刺身

   鶏団子のスープ(鶏ミンチ、しいたけ、ごぼう、しめじ、ねぎ、とうふ)

12/16の夕飯

1216

   おでん

   キュウリの酢の物

   アジ茶漬け   

|

« 素敵なコンサートと流れ星☆~ | トップページ | 記憶にございません・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵なコンサートと流れ星☆~ | トップページ | 記憶にございません・・・ »