« 楽しい経験、フォトレッスン♪ | トップページ | カメラ遊び&珍しい食べ物 »

2011年10月14日 (金)

ドキュメンタリー映画「エンディングノート」

昨日はオットットさんが出かけると聞き、それでは・・とまたいつもの行動ですdash

と言っても今回見たい映画は、近所ではしていなくて電車で出かけることにtrain

どうしても見たかった映画とは・・・

Cimg9115

「エンディングノート」シナリオがあるわけではないドキュメンタリー映画です。

私たち団塊世代より少し先輩で、会社命と言ってもいいほどの全エネルギーを

仕事に注ぎ込んでこられた、この世代では普通のサラリーマン。

その父親の姿をずっとカメラで追っていた娘さんが、監督です。

そして数々の作品を監督されてこられた是枝裕和氏がプロデュースされてます。

この方S氏は心血注いで勤めて来られた会社をリタイアされ、これから第2の人生shine

と思ってらっしゃた矢先に「がん」が見つかり、しかも手術不可能な第4ステージだったとか。

それ以前からずっと娘さんは家族の記録としてカメラを回しておられたので、

当然その診察にも同行され、告知の場面も撮られています。

心中穏やかではないでしょうけど、ずっとカメラは回っていました。

その告知からS氏がどういう行動を取ったか、家族はどう向き合い受け止めたか。

これがこの映画の見どころです。

Photo

死を迎えるわけですから、とても悲しい出来事には違いなく、深刻な問題であるのですが

S氏のご家族は冷静にS氏の意向を第一とし、死への段取りをつけていくのです。

段取り・・・これはS氏が在職中から最も大事にされてたことで、何事も万全の準備を

することをモットーになさってたようでした。

会社員時代の手帖にも「衆知を集めて一人で決める」と赤ペンで書かれていました。

ご自分の最期の過ごし方をご自分でプロデュースされ、ご家族もそれを尊重される。

心の中ではみなさん毎日泣いておられたことと思いますが、これがこのご家族の

今までの歩み方だったのでしょう。

とにかく明るく(特にご本人が・・)、そして頼りになる子供さんたちでした。

S氏が一番心配なさってたのが、奥様の今後のこと。

エンディングノートには、葬儀の場所(仏教徒らしいですが、葬儀が簡素で経済的にも

安価であると言う事で教会を選ばれました)、方法、参列者のリスト、財産の処理の仕方、

銀行からの引き落としなどの諸々のこと、家族がこのまま母親を大事にして

やっていってほしいという思いが細やかに段取られて書かれてありました。

見事としか言えませんが、これは最後の数日以外S氏が考えられないほど

お元気であったこと、家族の結束が強かったことなどがあってのことでしょう。

誰もがこういう最期を迎えられるわけでもなく、そんな心配をしている場合じゃない

事の方が多いと思います。

見終わってもとても悲しい・・ということではなく、見事な亡くなり方を見せて頂いた

一つの家族の在り方を、感動を持って見つめたと言う気持ちが強かったです。

今S氏はどこからこのご家族を見ていらっしゃるのでしょうね。

ちょっと段取り悪いよ~とハラハラされてるかもしれませんwink

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

10/13の夕飯

1013

   豚肉の生姜焼き(ポテトサラダ)

   春菊のおひたし

   ゴマ豆腐

|

« 楽しい経験、フォトレッスン♪ | トップページ | カメラ遊び&珍しい食べ物 »

コメント

maple 元気ばば様
近くに大きなショッピングセンターができ
その中にいくつも映画館がありますので
行く機会が増えました。
しかもシニア料金でいつも1000円。
電車で行った昨日はさすがに疲れましたcoldsweats02

投稿: Happyばあば | 2011年10月14日 (金) 21時44分

maple ニコニコおかみ様
こういう方の方が珍しいと思います。
みなさんとてもS氏のお気持ちを尊重されてて
淡々とでも冷たいわけではない、そんなご家族でした。
わが家はどうなるか・・・
ただ病気に関しては闘うにしても、受け入れるにしても
先生を信頼し、毅然と出来たらいいな~と思っています。

カメラは奥が深いです。
試行錯誤も楽しいと思って・・・happy01

投稿: Happyばあば | 2011年10月14日 (金) 21時42分

映画は久しくみていません。
近くに映画館がないということも理由の一つです
昔はあったのですが電車に乗っていくのも大儀です

投稿: ★元気ばば★ | 2011年10月14日 (金) 21時33分

Happyさん こんにちはhappy01
誰もがいつかは 必ず死を迎えるわけですが
ちゃんと「段取り」をして自分の死を迎えられるってすごい事ですね。
S氏もそして最後までS氏を見守られた御家族も素晴らしいと思います。
映画は見ていなくても Happyさんのブログで 感動を少し共有できた気がします。

↓ オットットさんの愛情のこもったプレゼントから
Happyさんの世界がどんどんひろがっていきますね。
コスモスも とても良い感じに撮れていますよ!

投稿: ニコニコおかみ | 2011年10月14日 (金) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しい経験、フォトレッスン♪ | トップページ | カメラ遊び&珍しい食べ物 »