« 疲れた体でカーブスへ。。そしてまた地震が。。 | トップページ | 春が来たのかも・・・ »

2011年2月23日 (水)

映画「クレアモントホテル」を見て・・・

0644

6時45分。微妙な空。

今日は曇りらしいが、気温は高くなるらしい。

0700

東に目を向ければ、雲ばかりだがまだお月さまが輝いていた。

0715

今日はオットットさんはゴルフだそう。

そこで私もちょこっと出かけてみることにした。

0720

そうとなれば急がなくては・・・

先日太宰府で相席になった方が推奨されてた映画「クレアモントホテル」

見に行ってみることに。

調べてみると近所のワーナーマイカルシネマズでは上映しておらず、街まで出かけなく

てはいけない。

9時ころお勤めの人たちと一緒に電車に乗り天神へ。

Kbc_2そこから少し歩いて行くと、地元TV局がありその真向い

にその小さな映画館があった。

上映は10時15分から。

この映画館は始めて行ったけど、

この映画もここでしか上映していないし、

メジャーではないけれど秀作といわれる映画を

取り扱ってるのではないかな・・とそんな気がした。

80席ほどの小さな部屋だけれど段々人が集まりけっきょく25名ほどいたかしら・・・

近所の映画館に行っても普段10名程なので、ここは映画好きの人には知られてる

場所なのかもしれない。

Photo_2

ロンドンにある古い長期滞在型のホテル「クレアモント」。

ご主人を亡くし娘と暮らしていたパルフリー夫人が自立を目指し、ロンドンに出てきた

ところから話が始まった。

滞在している人は皆裕福な老人ばかりだが、会いに来る人もいない。

ある日一人の青年が怪我をした夫人を助けたことによって、不思議な交流が始まった。

年は孫と同じくらい離れているけれど、お互いに家族によっては得られない何かを

与えあい満たされていく。

若い青年は夫人と話すことによって大事なことにたくさん気づくし、夫人は優しい青年と

話すことによって亡き夫を思い出し、少し重なるところもあったのかもしれない。

同じホテルに滞在している老紳士からプロポーズされたが「自分は今まで誰かの娘で

あり、誰かの妻であり、誰かの母だった。ここには《私》になりたくてきたので、このまま

友達でいましょう」と毅然と断ったところは気持ちがよかったな~happy01

青年との年を越えた恋愛映画のようでもあるが、これは恋ではなくまぎれもなく愛だと

感じました。

後半で青年に彼女が出来た後、優しく見守りながらも、さざ波のように嫉妬の気持ちが

あふれてくるところは、夫人の気持ちがよくわかって可愛く思えた。

静かな映画だけど見終わった後、清々しい気持ちになっているのに気がついた。

お年寄りを描いた映画はいろいろ見たけれど、大好きなのはリリアン・ギッシュと

ペティ・デイビスの「8月の鯨」とジュディ・デンチとマギー・スミスの「ラベンダー

咲く庭」。

2作とも静かな日常を送っている老姉妹の、最後かもしれないときめきを描いている

ところに胸キュンとなる。

3D映画にはついていけないけれど、こういう穏やかなヒューマンドラマが大好きheart04

終わった後、またまた歩きまわって疲れて帰ったら2時半。

5時間半の一人遊びでした。

0602

日が落ちるのが6時過ぎになって来た。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

23日の夕飯

0223

   鶏肉のクリームソースかけ(チンゲン菜、えのきだけ、シイタケ、ホワイトソース)

   煮物(じゃがいも、揚げ天、小松菜)

   長いものポン酢かけ

|

« 疲れた体でカーブスへ。。そしてまた地震が。。 | トップページ | 春が来たのかも・・・ »

コメント

loveletter ロココたえ様
だんだんしっとりした映画に落ち着いてきた感じです。
CGなどを使ったものはほとんど見なくなりました。
ロココさんは今日何をご覧になるんでしょうか??
楽しみにしていますね。

新しいカメラとの相性は良いようですね。
これもまた楽しみに待ってま~す。

投稿: Happyばあば | 2011年2月25日 (金) 09時16分

Happyさん、おはよう!!

良い映画を見て来られたようですね~
私も「8月の鯨」「ラベンダーの咲く庭」
は見ましたよ。
しみじみとして人間って良いな~って思える映画が好きです。
今日は邦画を見に行ってきます。
洋画はしばらく見ていません。
クレアモントホテル、何処でやっているのかな~
検索してみよう。

投稿: ロココたえ | 2011年2月25日 (金) 06時46分

loveletter oasisu様
メインの映画館ではないかもしれませんから
気をつけてチェックしてみてくださいね。
静かな感動を得られる映画でした。
何にでも感動できる柔らかい心はいつまでも持っていたいと思いますね。

イギリス映画は少し聞きとりやすいですね。
清川妙さんがきれいな言葉を使っていると推薦されてたのですが、日本語だけでなく英語でもきれいな言葉ってあるんですね。
わかったようなわからないような・・アハハ・・coldsweats01でした。

投稿: Happyばあば | 2011年2月24日 (木) 22時26分

loveletter hiro様
たまたま薦められた映画でしたが、
私好みで良かったです。
あり得るようなあり得ないようなそんなお話です。
本や映画は想像の世界に連れて行ってくれるので楽しい一瞬です。
現実のことを忘れてしまってはいけませんが
時にはこういう時間がほしいです。

もやしの肉巻きは何だか後をひく味で
けっきょく残ったものも次の日一人で食べてしまいましたcoldsweats01

投稿: Happyばあば | 2011年2月24日 (木) 22時06分

Happyさん こんにちは。
感動の映画をごらんになられ
胸のトキメキも大事ですね。

こちらに 放映されたら見に行こうと思います。

自分の老後の道しるべにもなりそうです。

素敵な映画を見て 感受性豊かな
生活を送り いつまでも青春でありたいと思います。

投稿: oasisu | 2011年2月24日 (木) 15時05分

Happyさん、こんにちは^-^
しみじみとした良い映画のようですね。
昔は夫亡き後も子供に厄介になり、「私」になりたい
という方は少なかったですね。
自立を目指した主人公、とても素晴らしいと思います。
最後のときめきは私には一生縁がないような気がしますが、
映画の中だけでもキュンとしたいですね。

私もテレビでもやしの豚肉巻きを見ていました。
まあまあのお味だったのですね。
私も作ってみようかな・・・

投稿: hiro | 2011年2月24日 (木) 13時09分

loveletter ぐ~様
家族は近すぎてややもすると気まずい関係になりかねませんが、
他人だからこそ自然に優しく出来るという事ありますものね。
ホントにしみじみとした映画でした。
年の取り方、過ごし方いろいろ考えさせられました。

投稿: Happyばあば | 2011年2月23日 (水) 22時34分

loveletter pint様
この映画については何にも知らなかったのですが、
あの妙さんが推薦された・・と人から聞きましたので飛んでいきましたhappy01
イギリス映画だからかよくわかりませんが英語がとても聞き取り易かったです。
パソコン不調なんですか?
壊れてないといいですね。

投稿: Happyばあば | 2011年2月23日 (水) 22時23分

loveletter tomisann様
はじめまして。
コメント残してくださってありがとうございました。
tomisannさんも映画お好きなんですね。
私は最近は邦画ばかりでしたから
洋画を見たのは久し振りでした。
上映予定の映画にも良いものありそうでしたね。
なかなか街までは出て行かないのですが、
情報を見てこれからは行ってみようかな・・・と思ってます。

投稿: Happyばあば | 2011年2月23日 (水) 22時17分

しみじみとしたいい映画のようですね。
恋ではなく愛をえがいてあるというHappyさんのコメントもいいです。
近くに映画館があるのはいいなぁ。

投稿: ぐ~ | 2011年2月23日 (水) 22時15分

とってもいい色の景色ですね~
この映画、とっても見たかった映画なんです。DVDで絶対見逃さないようにします!
「ラベンダーの咲く庭」のジュディ・ディンチが可愛らしくて、私も大好きな映画です。
パソコンが不調で、困った事態になってます^^;

投稿: pint | 2011年2月23日 (水) 21時40分

いつも楽しく読ませていただいています。今日は映画の話なのでコメントしたくて初めてのコメントです。わたしもこの映画を、同じKBCシネマで見てきました。わたしが見たい映画はほとんどここで上映されます。大好きな映画館です。この映画もしみじみさせられ余韻のある映画でしたね。

投稿: tomisann | 2011年2月23日 (水) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疲れた体でカーブスへ。。そしてまた地震が。。 | トップページ | 春が来たのかも・・・ »