« いただいたお野菜と夕飯 | トップページ | しあわせな時間 »

2009年1月14日 (水)

「小石川の家」とあと見よソワカ

914 今朝もこんな感じです。

プツプツごみのように見えるのは雪.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

寒さの峠は今日らしいです。ガマン・ガマン・・・

図書館から予約していた本を取りに来るように言われましたので、寒かったですが出かけました。

オットットさんもいちおうお誘いしましたが、丁重に断られました~~そりゃそうだ・・さむいもの!

本でも読んで・・と思っていましたが、偶然TVで「小石川の家」の放送があることを知り、午後の1時から3時まで見ていました。

小石川にある幸田露伴の家での、娘の文、孫の玉との3人の生活を描いたドラマです。

これは1996年に放送されたものの再放送です。以前も見ましたが、12年も前だったんですね。

露伴役の森繁久弥さんも文役の田中裕子さんもみなさんお若いです。

明治の気骨をもった何事にも厳しい露伴と娘たちとの日々の暮らし。

お料理から掃除の仕方、お風呂の焚き方、障子の張り替え、物売りの断り方、何もかも露伴から教わったそうです。

もちろん言葉使いもあいさつの仕方も柔なものではありません。

多少の違いはあっても昔はあんな風だったのかもしれませんね。

今の人たちならばついていけないだろう・・とオットットさんも言っていました。

この本は確か持ってたはずなので探しましたが、見つかりません。クローゼットの箱の中かも・・・

Photoその代りこの本の作者である青木玉さんのご本「帰りたかった家」が出てきました。

玉さん10歳の時にご両親は離婚されたのですが、優しかったそのお父さんとの思い出をつづった本です。

内容もかなり忘れていますのでまた読み返してみようと思いました。

去年このブログにも書きましたが「あと見よソワカ」という呪文のような言葉。

やはりこの本の中で言われてた言葉でした。常に後ろを気に掛けること。

私も今だにこの言葉が頭の中でグルグルまわっていて、いつでも何か忘れてはいないか、落とし物をしてはいないか・・・指さし確認ではないですが気をつけています。

家を出る時、エレベーターを下りる時、買い物を済ませたとき・・・

あとみよそわか * あとみよそわか **

     ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今日の英語

Do you have everything?   (忘れ物はない?)

|

« いただいたお野菜と夕飯 | トップページ | しあわせな時間 »

コメント

cafeoasisu様
おかえりなさい。
長い間お疲れ様でしたね。
お孫さんも順調に大きくなられているようで良かったですね。
しばらくお二人でゆっくりなさってください。
畑も気になるのではないでしょうか?
美味しいお野菜をお孫ちゃんに食べさせてあげるのはいつの事になるでしょうね。
楽しみですね。

投稿: Happyばあば | 2009年1月15日 (木) 21時28分

Happyさん こんばんは。
ご無沙汰しておりました。
そちらも寒そうですね。
お元気そうで何よりですhappy01

13日より二人だけの生活に戻り自由な時間が持てるようになりました。

↓のお野菜を使っての豚汁暖かくて冬にピッタリですね。

野菜を大切に使ってくださるのでお姉さんも喜んでいるでしょうね。

投稿: oasisu | 2009年1月15日 (木) 21時03分

cafehisamichi様
豚汁お好きな方多いのですね。
お野菜もたくさんとれますから栄養的にもいいですね。
寒い時は暖かいものに限ります。

お料理は出来るにこしたことないと思いますが、
今までされたことがないのですから、やはり抵抗はおありでしょうね。
うちも好きなものは挑戦しますがなかなかレパートリーは増えません。
1~2品でもこれは出来る!と言うのがあれば
影さんも助かるかもしれませんねhappy01

投稿: Happyばあば | 2009年1月15日 (木) 17時19分

寒い毎日ですね。
オットットさんではありませんが、外に出るのがおっくうです。
我が家でも、豚汁の回数が増えてます。
寒い冬には、たまりませんね。

↓ 私も料理を・・・と思わないこともありませんが、
  なかなかレパートリーが増えません。
  のんびりでいいかなと思っています。

投稿: hisamichi | 2009年1月15日 (木) 16時49分

cafe monejiiji様
私の父は大正ですが、けっこう厳しい人でした。
直接は言わず母を通してですが・・・
今頃は子供に遠慮しているみたいですね。

お父さんがそこにいるだけで、ピシッと引き締まるというのは
遠い昔の話なんでしょうか・・・
私たちもおおいに反省しなくてはいけないようです。

投稿: Happyばあば | 2009年1月15日 (木) 13時25分

cafe hiro様
娘さん出発されましたか?
冬の札幌はどんなでしょうね?
行ったことありませんので想像つきません。
子供さん達はすぐに慣れられると思います。

塩ちゃんこはいただいたことありませんが、あっさりしている感じで美味しそうですね~
わが家は豆乳鍋をしました。
二人だとすぐ食べ終わってしまうので、やはり大勢で囲む鍋がいいですね。

投稿: Happyばあば | 2009年1月15日 (木) 13時21分

cafe ぐ~様
今日あたり少し暖かいのではないでしょうか?
・・といっても外に出たわけではないのですが。
中にいるとポカポカしています。
退屈そうなオットット氏に散歩をすすめましたが却下!
やはり出るまでが腰が重いですね^-^

投稿: Happyばあば | 2009年1月15日 (木) 13時16分

cafe 元気ばば様
なんども確認しても、また気になるのはどうしてでしょう・・
娘もそうだと言いますから、年のせいではないようですhappy01

投稿: Happyばあば | 2009年1月15日 (木) 13時14分

cafeshinobueakira様
最近はスーパーで男性客の方よくお見かけしますね。
単身赴任とかも多いですから、お料理されるかたが増えてるのかもしれませんね。
男性の方がけっこう凝り性じゃないかと思うのですが・・・
やりだすとお上手だと思いますよ。

13日のブログにshinobueさんのことをお断りなしにリンクさせていただいています。
事後報告で申し訳ありません。
何人かの方がブログのぞきに行かれてることと思います。

野母崎のスイセンは1度見に行きました。
とにかく風が強くて寒かったこと覚えています。
野母崎もU子ちゃんの本のように「らんづえんど」ですから・・^0^
暖かくして行ってくださいね~


投稿: Happyばあば | 2009年1月15日 (木) 13時11分

あと見よソワカ、いい言葉ですね。明治は遠くなりましたが、その時代の日本人は、何か筋が通っていたような気がします。今の時代が脆弱なのは、私たちの年代の責任と、気にかっかっています。読書家ですね。
寒いので風邪などお引きにならないように、ご注意ください。

投稿: monejiiji | 2009年1月15日 (木) 12時00分

Happyさん、こんにちは^@^
寒い日が続いていますね。
昨夜は塩ちゃんこをしました。
娘は今朝帰りました。
飛行機を降りると一面の雪景色。
お孫ちゃんはびっくりするでしょうね。

このドラマ、よく覚えていませんが見た覚えがあります。
再放送されていたんですね。
テレビ欄を見る余裕もありませんでした。
Happyさんは良く本を読まれますね。
『帰りたかった家』私も読んでみたくなりました。

投稿: hiro | 2009年1月15日 (木) 10時49分

ずっと、寒い日が続きますね。散歩も、歩き始めは寒いです。
カメラを向けるのも億劫に感じたりしています。
雪が上から降ってくる様子は好きですよ。
上見れば虫子~♪という歌が浮かんできます。

このドラマ見たように記憶しています。
幸田親子、孫のそれぞれの本も面白く読みましたね~。

投稿: ぐ~ | 2009年1月15日 (木) 09時14分

Do you have everything? といいながらも、忘れる悲しさ。

投稿: 元気ばば | 2009年1月15日 (木) 07時09分

寒い日が続いていますね!
本日夕方、スーパーに買い物に行ったら、おでんの材料や、うどん、チャンポン麺は売り切れ寸前でした!野菜も高いですね!
ネクタイをした私と同じくらいの男性が買い物をしていましたが、「牛筋は何処かなあ?」と小さな声でおでん材料のところで探していましたので、「精肉コーナーにありますよ!」っと教えてあげました。私も先日、おでんコーナーで探していましたから・・・
先日、オットトさんが豚汁好きだと知りました、我が家は今日豚汁でした。
幸田露伴も豚汁作っていたのでしょうかね?
最近、スーパーに同年代やもっと高齢の男性が買い物に来ているのをよく見かけます・・・皆さん料理も作っているんでしょうね?
寒さも明日が山場のようです、週末は野母崎の水仙を見に行く予定ですが天気が良くなってくれるといいのですが・・・

投稿: sinobueakira | 2009年1月15日 (木) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いただいたお野菜と夕飯 | トップページ | しあわせな時間 »