« フルムーン旅行だって! | トップページ | 文化の・・秋 »

2007年11月 3日 (土)

心が重くなった日

P1040001 雲ひとつなく寒い。

気温は多分10℃をきっていたと思います。

今日は土曜日、買い物の日です。

忘れてはいけない品物は牛乳とヨーグルト。

それにオットットさんから「今夜はおでんがいい」とリクエスト。

数日分を買い込んでレジにならぶと、店員さんが「今日はおでんの方が多いですネ」との事。

そっか、レジの方には我々の食卓が見えるんだ・・・となんだか納得。

帰りにチラッと行方不明者の張り紙に目がいきました。

「探しています」 29才の女性。自閉症ぎみ。問いかけに答えられません。所持金ナシ。

いったいどうしたんでしょう。もう数日たってるみたいです。

1人でお金もなくどこにいるんでしょうね。ご家族の心配が手に取るように伝わります。

昨日ナースさんのブログで、2人の自閉症児をもつ女性の自殺未遂の話を読んだばかりでした。

この女性のご主人は自殺の心当たりがないとおっしゃってます。

でも義父母さんのお話を聞いていて、ナースさんは思い当たる事があったらしいです。

お姑さんが「まともな子も産めないばかりか、厄介なことまでしでかして・・・」と言われたとか。それでナースさんにはそのお宅の中が見えた気がしたそうです。

当事者ではない私が勝手な事をいうのははばかられますが、お母さん1人が背負い込むには重過ぎる問題じゃないでしょうか?

心当たりがない・・と言われるご主人にはこの現実を真正面から受け止めて、気がついてほしい。

気はついてはいられたでしょうね。どうしていいかわからなかったんでしょう・・・か。

ご家族みんなで暖かく、厳しくお子さんたちを見守っていかなければいけないんじゃないでしょうか?

実際そうやって育てられてるご家族を何組も見てきました。

お母さんが一命を取り留めても、帰る場所があるのだろうか・・とナースさんは危惧されてました。

このお母さんにも行方不明の女性にも、いい結末がありますよう祈るばかりです。

P1040005 夕焼けをみて、あ~1日が終わった!早く家に帰ろう。

と思うのが自然だと思ってきましたが、今はそんなのんきなこと言ってられないのでしょうか。

今日の英語

Call an ambulance! (救急車を呼んで!)

|

« フルムーン旅行だって! | トップページ | 文化の・・秋 »

コメント

☆ぐ~様
そうあってほしいですね。
それにしてもナースさんは大変な職業だとつくづく思います。
いろんな病人さんの人生を垣間見て、でもどこまでも首を突っ込むわけにはいかず・・・
そして次々新しい患者さんが。
精神的にもタフでないとね。

投稿: Happy ばあば | 2007年11月 4日 (日) 22時06分

その方の辛い気持ちが伝わってくるような・・・
その方は、その病院で気遣ってくれている人がいることを感じて、心強く再出発されるような気がします。

投稿: ぐ~ | 2007年11月 4日 (日) 20時55分

☆ロココたえ様
同じ様なニュースが重なったもので、ちょっと考え込んでしまいました。
みんなの理解があれば肩の荷もすこしは軽くなるでしょうね。
そこにある幸せにも気づくでしょうし。
まず、全てを受け入れることだと思いますが・・

投稿: Happy ばあば | 2007年11月 4日 (日) 13時35分

☆kubaba様
どんな状況の下にも幸せはあるんですよね。
みんなで心を通わせれば・・・
それが出きるか出きないか。
簡単な事ではないでしょうけど・・

投稿: Happy ばあば | 2007年11月 4日 (日) 13時28分

本当にもう「おでん」でも良くなってきましたね。

心が重くなった日だったのですね。
私の習っていた油絵の先生が良く言われていたのですが、「心で受け止めずに手で受け止めるのですよ」
その頃はもう一つ意味が分かりませんでしたが
この年になって分かった様な気がします。

投稿: ロココたえ | 2007年11月 4日 (日) 05時54分

世の中、いろんな事があるんですね。
何だかお気の毒です。
ごく当たり前だと思ってることが、当たり前ではなかったり、、、
普通であることの幸せに気づかない事が多いですね。

投稿: kubaba | 2007年11月 4日 (日) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルムーン旅行だって! | トップページ | 文化の・・秋 »